TOP
  
   Naoko KURODA 

  黒田ナオコ jazz singer and instructor

 兵庫県宝塚市出身。
 幼少期から12年間、クラシックピアノを学ぶ。
 13歳から6年間、チェロ演奏でオーケストラ部に参加。
 慶應大学軽音楽部で幅広いジャンルでボーカルステージを経験。
 聖心女子大学卒業。

 OL時代に都内ジャズボーカルスクールに入門。
 スタンダードジャズに魅了されジャズライブ活動を開始。
 2年後、同スクールにてインストラクターとして採用され、
 講師経験、ライブ経験を積む。

 1997年、渡米、バークリー音楽大学に留学。
 ボイスを同大学教授リサ・トーソン教授に師事。
 帰国後、ジャズシンガーとしてプロ活動へ。
 しかし数年は、ボーカル講師を中心に仕事をしていた。

 2005年頃から、ジャズクラブでのライブ活動が自然に増え、シンガーとして積極的になる。
 2008年、ギタリスト須古典明とのデュオでCD『Photograph』を発表。

 2010年、ピアニスト山本剛、ドラマー大隅寿男と出会う。その後の共演が増え、さらに数々のベテランミュージシャンとのライブ公演を、都内・横浜エリアで実現。

 ジャズピアノを過去数人のプロピアニストに師事し、弾き語りも時折。

 2014〜2015年、東急電鉄運営のFMサルースにて、ジャズ番組『黒田ナオコのJAZZ Station』のパーソナリティーをつとめる。

 2015年6月、CDアルバム『Gentle Eyes』をリリース。
 ドラム大隅寿男を核に、山本剛、青木弘武、ハクエイ・キムの3名のピアニストを迎えた豪華ジャズマンとのジャズボーカルアルバムとして話題を呼んだ。ベースはジャンボ小野、金子健と、日本を代表するメンバー。

 日本最大のジャズフェス、『横浜ジャズプロムナード』や、他イベントライブに出演。
 都内横浜、地元の横浜市青葉区を中心に活動。

 講師としてもそろそろ20年と、経験豊富。
 現在も沢山の生徒とジャズライフを共にしている。


◆過去の主なリーダーライブ出演◆
 渋谷「JZ Brat」 目黒「ブルースアレイジャパン」 銀座「Swing」 六本木「All of me club」
 関内「BarBarBar」 関内「KAMOME」 桜木町「ドルフィー」 関内「よいどれ伯爵」 関内「AB Smile」
 大阪「ロイヤルホース」など。